築地本願寺

築地本願寺

古代インド様式(天竺様式)の伽藍が印象的で、都内の寺院の中でも有数の知名度を誇る「築地本願寺」。京都市下京区にある名刹・西本願寺の別院として長く畏敬を集めている。

創建は、江戸初期の1617(元和3)年。もともとは現在の浅草橋あたりにあったが、明暦の大火(通称「振袖火事」)で本堂を失ったことにより、1679(延宝7)年に現在の地に再建。現在の築地場外市場のあたりが門前町であったといわれ、その賑わいは今の時代にも引き継がれている。

築地本願寺には、お寺には珍しくパイプオルガンがあり、定期的にコンサートも開催している(入場無料)。

2011(平成23)年、本堂および周囲の大谷石積塀が国の登録有形文化財に登録され、2012(平成24)年、正式名称も「浄土真宗本願寺派 本願寺築地別院」から「築地本願寺」へと改められた。

築地本願寺
所在地:東京都中央区築地3-15-1 
電話番号:03-3541-1131
http://tsukijihongwanji.jp/

このページをご覧の方はこんなページもご覧になっています。

PAGE TOP