波除稲荷神社

波除稲荷神社

1657(明暦3)年、明暦の大火後、当時海であった築地の埋め立て工事が行われたが、荒波の影響で堤防は築いても築いても荒波にさらわれてしまった。その最中のある晩、光を放ち漂うものが見つかり、人々は不思議に思って船を出してみると、それは立派な稲荷大神の御神体だった。そして1659(万治2)年、現在地に社殿を建て祀り、「稲荷大神」に「波除」の尊称を奉った。また、雲を従える<龍>、風を従える<虎>、一声で万物を威伏させる<獅子>の巨大な頭が数体奉納され、これを担いで回ったのが祭礼 『つきじ獅子祭』 の始まりとなった。

境内には築地らしく「すし塚」「玉子塚」「あんこう塚」などがある。「災難を除き、波を乗り切る」神社であり、ご祈祷は霊験あらたかと言われている。

波除稲荷神社
所在地:東京都中央区築地6-20-37 
電話番号:03-3541-8451
http://www.namiyoke.or.jp/

PAGE TOP