1月8日(土)~3月21日(月)「南桂子生誕100年記念展 きのう小鳥にきいたこと 谷川俊太郎、蜂飼耳、文月悠光、三詩人の詩とともに」

南桂子(1911~2004)は、少女や鳥、魚などをモチーフとした静謐で詩情溢れる作品で知られています。その作品はMOMAのクリスマスカードやユニセフのカードやカレンダーにも採用され、世界中の人々に愛されてきました。

本展では、南桂子の銅版画と詩が並べて展示されるほか、抽象画や作業机なども公開されています。2月20日には谷川俊太郎、蜜蜂飼耳、文月悠光が出演する詩の朗読イベントも開催予定です。

【日時】1月8日(土)~3月21日(月)
※休館日:月曜日(3月21日は開館)、2月20日(日)、3月6日(日)

【場所】 ミュゼ浜口陽三ヤマサコレクション

【公式サイト】http://www.yamasa.com/musee/

PAGE TOP