サポート施設から公園まで、国領エリアの子育て環境をレポートします!

「くすの木第3児童公園」
「くすの木第3児童公園」

調布市国領町は、地域の子育て家族が集える施設が駅前にあり、保育施設もエリア内に数多く点在しています。さらに通学区の学校では、独自の教育を取り入れるなど教育環境も充実していて、まさに理想的な子育て環境が広がっています。そこで実際に周辺を歩いてみて、各施設の様子や他にどんな子育て施設があるのかをチェック!その様子をレポートします。

駅前の「ココスクエア」2階にあります

「ココスクエア」
「ココスクエア」

まずはじめに訪れた「調布市子ども家庭支援センター すこやか」は、子育てに関する総合施設です。「国領」駅前の複合施設「ココスクエア」2階にあり、施設内には赤ちゃんが安心して遊べる畳の部屋や、たくさんのおもちゃがある広場、小学生が遊ぶ部屋など、年代に合わせた部屋が用意されています。親子で一緒に体操や歌・手遊びを楽しむ集まりもあるなど、地域の子育て家族の交流の場にもなっています。


「調布市こども家庭支援センターすこやか」
「調布市こども家庭支援センターすこやか」

「調布市子ども家庭支援センター すこやか」には、子育ての悩みを相談できるコーナーがあり、何かと不安が多い子育て世代の力強い味方になってくれます。さらに「たまにはゆっくり買い物などをしたい…!」という時には、理由を問わず子供を預けることもできます。近隣に祖父母や親戚がいなくて、なかなか子供から目が離せない家庭にとって、とてもうれしいサービスですね。


国領エリアには保育施設も充実しています。「二葉くすのき保育園」や「みゆき保育園」、「調布クオレ保育園」、「まきば保育園」などが点在しているので、選択肢の幅も広がります。もちろんどの園も延長保育を行なっているので、仕事で忙しい家庭も安心し子供を預けることができます。

異年齢児保育が
行われています

「二葉くすのき保育園」
「二葉くすのき保育園」

園庭も広々と
しています

「みゆき保育園」
「みゆき保育園」


幼稚園も複数あり、「調布多摩川幼稚園」は、あそびを中心とした教育が行なわれていて、子供がのびのびと成長できる環境が広がっています。訪れた時も楽しそうに遊ぶ子供達の声が園庭から聞こえてきていました♪「駿河台大学第一幼稚園」は、園バスや電車を使った課外授業や、知能開発教室が併設されているなど、特色ある教育が行われています。

あそびを中心にした教育方針です

「調布多摩川幼稚園」
「調布多摩川幼稚園」

課外授業を多く
取り入れています

「駿河台大学第一幼稚園」
「駿河台大学第一幼稚園」


校庭は全面芝生!

「調布市立第二小学校」
「調布市立第二小学校」

通学区の「調布市立第二小学校」は、創立70年を超える歴史ある学校です。各学年2クラスずつと小規模なので、先生の目も行き届きやすい環境で学校生活を送れます。通常45分授業に15分追加した60分の国語授業を行う授業改善推進プランや、茶道体験や落語教室など日本の伝統文化に触れる体験授業など、独自の教育も盛んに取り入れられています。2012(平成24)年には校庭が全面芝生化されたため、子供がのびのびと体を動かせる環境も整っていて、まさに文武両道の学校となっています。


「調布市役所 国領児童館・学童クラブ」は「調布市立国領小学校」「調布市立第二小学校」にも分校があり、エリア内に計3つあるのも、うれしいポイント。放課後に子ども達が過ごす場所が整っています。
通学区の「調布市立第三中学校」も、1954(昭和34)年創立と歴史ある学校で、広大なグラウンドがあるので、育ち盛りの子供たちが気兼ねなく体を動かせます。

エリア内に3つ
点在しています

「調布市役所 国領児童館・学童クラブ」
「調布市役所 国領児童館・学童クラブ」

広大なグラウンド!

「調布市立第三中学校」
「調布市立第三中学校」


「国領南児童遊園」
「国領南児童遊園」

エリア内を歩いていると、「くすの木第3児童公園」や「国領南児童遊園」といった、小さい子供が遊べる公園も多くありました。それぞれ遊具も揃っているので、日常の子供の遊び場にも困らなそうです。


いかがだったでしょう。「国領町」は、どんな家庭でも安心して子育てができ、地域で子供を見守ってくれる、まさに理想的な環境が広がっていましたね!


発見ポイント!

「調布クオレ保育園」
「調布クオレ保育園」

  • (1)地域の子育て家族が集える施設があり、支援も充実!
  • (2)保育施設が数多くあるので、仕事で忙しい家庭も安心!
  • (3)通学区の小学校では、特色ある教育が行われている!