センスが光る街の小粋なワインバー

casa cobori(カーサ・コボリ)

夜になると温かな光が灯る店先
夜になると温かな光が灯る店先

「国領」駅改札を出てすぐの裏通りに静かに佇むワインバー。もとは八百屋として使われていた店舗を改装したという店内は、元のオープンな形状を活かした開放感のある空間となっている。ホワイトカラーと木製家具を基調とした内装はシンプルで洗練された中にも温かさがあり、親しみやすさを感じさせる。壁には洒落たイラストが飾られていたりとアートギャラリーのような品の良さも感じられ、会話を楽しみながらゆっくりと食事ができる雰囲気が魅力的な店だ。

開放感があり落ち着いた雰囲気のテーブル席
開放感があり落ち着いた雰囲気のテーブル席

料理と会話が行き交う店のメインカウンター
料理と会話が行き交う店のメインカウンター

そんな居心地と雰囲気のよさもあり、女性や家族連れも多く訪れるという店は、2015(平成27)年10月末にオープンしたばかりだが、独自の魅力で地元客を中心に着実にファンを増やしつつある。

店内の装飾品やロゴマークは知人の有名クリエイターに作ってもらったそう
店内の装飾品やロゴマークは知人の有名クリエイターに作ってもらったそう

メニューは日替わりでさまざまな料理を提供しており、前菜やパスタ、肉料理などどれも素材にこだわった、ワインにあうメニューを取り揃えている。中でも特におすすめなのが野菜を使ったメニュー。新潟県の「河合農場」から直接仕入れているという野菜は、シャキッとした食感と野菜本来の味と旨みが感じられる店主イチ押しの品。野菜メインのメニューはもちろん、付け合わせとして添えられた野菜までしっかり味わうべき逸品だ。

ジューシーな肉の旨みがあふれる「山形県産米沢豚骨付ロースのカツレツ」
ジューシーな肉の旨みがあふれる「山形県産米沢豚骨付ロースのカツレツ」

“カーサ”は、「家」を意味するイタリア語で、カーサ・コボリは「コボリの家」のこと。その名のとおり、まるで家にいるような居心地のよさには定評があり、店を訪れると知らない客同士でも会話を交わし合い仲良くなることが多いという。「近隣の子どもたちも来てくれているので、彼らが大人になったら来てもらえるよう末永くやっていきたい」と語ってくださったオーナーシェフの小堀さん。これからも永く親しまれる街の優良店として、今からしっかりチェックしておきたい。

casa cobori(カーサ・コボリ)
所在地:東京都調布市国領町3-1-39 
電話番号:042-484-9330
営業時間:18:00~翌1:00(日曜日は24:00まで)
定休日:月曜日
https://ja-jp.facebook.com/casacobori8/

詳細地図