武蔵野を愛した文豪、徳冨蘆花の旧宅

蘆花恒春園

蘆花恒春園
蘆花恒春園

「蘆花恒春園」は、『不如帰(ホトトギス)』『自然と人生』などの名作を遺した、明治時代の文豪・徳富蘆花の旧宅跡地を整備した公園。妻である愛子夫人と後半生を過ごした住まいと庭、蘆花夫妻の墓地を中心とした旧邸地部分とその周辺が、蘆花の死後に愛子夫人によって東京市(現在の東京都)に寄付され、のちに現在の姿で整備・公開された。

蘆花恒春園
蘆花恒春園

武蔵野の風景に包まれて、蘆花が晴耕雨読の田園生活を送った公園には、都指定史跡に指定されている旧宅などが残り、蘆花が執筆にいそしんでいた当時の様子をうかがい知ることが出来る。

蘆花恒春園
所在地:東京都世田谷区粕谷1 
電話番号:03-3302-5016
http://www.tokyo-park.or.jp/park/format/..

詳細地図