バス利用で池袋や赤羽も身近に気ままに過ごす
DINKSの休日

 

電車だけでなく、バス利用で行動範囲の広がる小豆沢エリア。ここでは、電車やバスを利用したアクティブな夫婦の休日のワンシーンをご紹介します。

7:30起床・朝食

イメージ画像

休日の朝も変わらず早起き。最近は、こだわりのパン屋さん「焼きたてパンの店 マルフク」のパンがお気に入り。野菜たっぷりのサラダとあわせてヘルシーに。朝食の後は、掃除・洗濯を夫と分担して片付ける。

9:00夫婦でジョギングに

家事がひと段落したら、二人でジョギングが週末の日課。「国立スポーツ科学センター」の周りを1周して帰ってくるコースがお決まり。ほかにも、朝ランを楽しむ人の姿がちらほら。顔なじみのご近所さんもできた。この「国立スポーツ科学センター」はプロのアスリートも利用している本格的な施設。オリンピック選手にも会えるかも!?

11:30池袋へお出かけ

最先端のトレンドを備えた安全・安心な池袋エリア

家に帰って、シャワーを浴びてひと休み。午後は池袋に行こうということに。「志村坂上」駅から「巣鴨」駅乗り換えで「池袋」駅へは約16分と気軽な距離。主要都市を網羅しているJR山手線が利用しやすいのもうれしいポイントだ。

12:00「lamp (ランプ)」でランチ

まずはランチをしようと、池袋へ来たら必ず行くお気に入りのお店「lamp (ランプ)」へ向かう。わざわざでも訪れたい隠れ家的なお店で、ゆったりしたおしゃれな雰囲気のなか、絶品のカレーをいただく。

14:00ショッピングを楽しむ

おなかいっぱいになった後は、「西武池袋店本店」でショッピング。「ロフト」で家具を見たり、アパレルの新作をチェックしたり、夫に付き合ってもらって大満足のお買い物タイムを過ごす。

18:30赤羽のイタリアンでディナー

今日は歩き疲れたので、夕飯は外でとることに。せっかくなので、「池袋」駅から「赤羽」駅へ移動し、行きつけのイタリアン「katsukitchen(カツキッチン)」へと向かう。新鮮な野菜を使ったスパニッシュイタリアンバルで雰囲気、料理ともに気に入っている。

20:00バスで帰宅。夫婦団らん

イメージ画像

帰りは赤羽からバスを利用。赤羽からも池袋からも自宅付近を通るバスが運行していて、荷物が多い時などにも重宝している。赤羽からなら所要時間は10分前後。バスのおかげで、身近な生活圏が広がり、グルメの楽しみも増えた。家に帰ってから、薄めのコーヒーを一杯。夫婦の会話を楽しんだ。

<一言>

志村坂上」駅から6つ先の「巣鴨」駅からはJR山手線が利用でき、池袋・新宿・渋谷などのショッピングスポットへ気軽にお出かけできます。自宅近辺を通るバスもあって、行動範囲も広がります。「赤羽」駅と「池袋」駅からは深夜バスも運行していて終電を逃してしまった際も安心。自由気ままに休日を楽しめる快適な環境に夫婦ともども満足しています。

PR:都営三田線「志村坂上」駅のおすすめ新築マンション
SKYTIARA-スカイティアラ-』

PR

天地創造。『SKYTIARA-スカイティアラ-』

鮮烈な緑を纏い、眩い空に映える煌めきのレジデンス。
華やかな煌めきを纏いながら、
新たな邸宅の歴史をここに刻みます。


TOP