板橋区小豆沢一丁目の暮らしやすさを探る

小豆沢一丁目エリアは板橋区の東部、北区と隣接する場所にある。地形的には武蔵野台地の標高25メートルから30メートル前後の高台となり、安定した地盤で板橋区のハザードマップでは水害の心配も少ないとされるなど、災害に対して安心感の高いエリアといえる。

志村一里塚

エリア付近には、江戸時代の五街道のひとつである中山道が通っていた。現在、旧中山道は拡幅され国道17号となったため当時の面影は少ないが、「志村一里塚」などに歴史を感じることができる。この「志村一里塚」はもともと街道より奥まった場所にあったため、道路拡幅後もそのまま左右一対が残り、全国的に見ても貴重な史跡。また、旧中山道沿いの「南蔵院」には見事なしだれ桜があり、別名「櫻寺」と呼ばれ古くから人々を魅了してきた。

本蓮沼駅

小豆沢一丁目は、都営三田線の「本蓮沼」駅と「志村坂上」駅の間に位置し、両駅とも利用しやすい距離にあることも魅力のひとつだ。都営三田線は「大手町」駅や「日比谷」駅など都心部にダイレクトでアクセスできるほか、東急目黒線直通電車もあり、「田園調布」駅や「武蔵小杉」駅にも乗り換えなしで行くことができる。

小豆沢一丁目停留所の国際興業バス

このエリアはバスも利用しやすい。エリア内にある「小豆沢一丁目」停留所には「赤羽」駅と「ときわ台」駅を結ぶ路線が通り、平日朝の通勤時間帯なら1時間に12本から16本、平日日中でも7本から10本が運行。さらに、国道17号にある「小豆沢」停留所に行けば、「池袋」駅方面のバスが1時間に6本程度あり、乗り換えが必要になる都営三田線利用よりも便利だ。また、国道17号をはじめ環七通りや環八通りが近くを通過しているため、自動車交通の利便性も高い。首都高速は「板橋本町」出入口が近く、高速道路にも簡単にアクセスできる。

板橋区立志村図書館

小豆沢一丁目には「板橋区立志村図書館」や「志村コミュニティホール」などの公共文化施設が近く、本や芸術に親しむことも簡単だ。行政手続きなら大部分が「志村坂上区民事務所」で済ませることができるほか、都営三田線を利用すれば「板橋区役所」にもアクセスしやすい。

東武ストア 小豆沢店

エリア周辺には、「東武ストア 小豆沢店」をはじめとするスーパーマーケットに加え、ドラッグストアなど毎日の買い物に便利なショッピング施設が揃う。「本蓮沼」駅や「志村坂上」駅周辺には商店街もあり、散策がてら買い物を楽しむのもよい。

セブンタウン小豆沢

徒歩や自転車圏内に「セブンタウン小豆沢」や「ビバホーム 板橋前野店」、「ラ・フォリア」といった大型ショッピング施設もあり、再開発で誕生したショッピング施設やにぎわう商店街がある「赤羽」駅周辺にもバスや自転車で簡単にアクセスできる。このエリアの買い物環境はかなり充実しているといえよう。

板橋区立志村第四小学校

教育という点でも恵まれている。板橋区では、2014(平成26)年4月から入学する児童・生徒の「入学予定校変更希望制」が導入された。小学校なら入学予定校の通学区域に隣接する区域の学校へ、中学校は区内の全学校への入学を希望でき、各学校の受入可能数を超えた場合は抽選となる。今後はより子どもにあった学校へ通学できるようになるだろう。

十文字中学校・高等学校

また、エリア周辺には「大乗淑徳学園」や「芝浦工業大学中学高等学校」、「星美学園」など私立学校が充実。三田線沿線の文京区内、千代田区内の学校も通いやすく、進学先に豊富な選択肢があることも重要なポイントだ。

見次公園

小豆沢一丁目周辺は緑に親しめる場所も多い。例えば「見次公園」は今も湧水が残る公園で、荒川近くにある「小豆沢公園」は水と緑の織りなす風景が美しい。「赤羽自然観察公園」に行けば自然とふれあいながらバーベキューもできる。「小豆沢公園」内の「小豆沢河岸広場」からは不定期ながら水上バスも運行され、船の旅を気軽に楽しめる。

薬師の泉庭園

板橋区の指定記念物にもなっている「薬師の泉庭園」や、桜並木が美しい「小豆沢通り」、銀杏並木のある「小豆沢神社」の参道などを巡る散策で、季節の移ろいを感じるのもよい時間になりそうだ。

味の素ナショナルトレーニングセンター

エリア周辺は、一部を除き一般の人は利用できないもののトップアスリートを養成する「味の素ナショナルトレーニングセンター」やスポーツ科学の研究拠点「国立スポーツ科学センター」があるなど、スポーツ関連施設が多い場所だ。「小豆沢体育館」や「赤羽スポーツの森公園競技場」などで気軽にスポーツを楽しめるほか、サッカー専用スタジアム「味の素フィールド西が丘」も近い。

板橋中央総合病院

医療施設も多い。エリア周辺には各科のクリニックがあり、かかりつけ医として利用できる。「板橋中央総合病院」は、国内最大級の病院経営・医療事業グループである、「イムスグループ」・「中央医科グループ」の発祥の地として知られ、現在もグループの中心となる施設だ。

快適な暮らしに必要な施設が揃った小豆沢一丁目エリア。ここは住いの場として理想的な環境といえよう。

PR:都営三田線「志村坂上」駅のおすすめ新築マンション
SKYTIARA-スカイティアラ-』

PR

天地創造。『SKYTIARA-スカイティアラ-』

鮮烈な緑を纏い、眩い空に映える煌めきのレジデンス。
華やかな煌めきを纏いながら、
新たな邸宅の歴史をここに刻みます。


TOP