阿佐ヶ谷周辺のおすすめスポットをご紹介します!

1922(大正11)年の阿佐ヶ谷駅開業から独自の発展を遂げてきた阿佐ヶ谷エリア。昭和初期に井伏鱒二や太宰治など多くの文士が集った場所でもあり、文学、音楽、演劇など、独特で多様なカルチャーシーンが展開されています。グルメな街としても名高い阿佐ヶ谷は、ちょっとディープな雰囲気の路地裏にもお洒落なレストランやバーが点在し、ひとりでゆっくりくつろげるカフェも豊富です。JRの線路と交差するように南北に走る中杉通り、駅を中心に放射状に広がる「スターロード」や「一番街」などの商店街など魅力的な散策スポットを巡ってみました。

「SATOブリアン」
「SATOブリアン」

昭和初期に井伏鱒二が荻窪に移住したことをきっかけに、太宰治、与謝野晶子など若手の文士たちが多数集うようになったことから、「阿佐ヶ谷文士村」と呼ばれるようになりました。その頃の名残で今でも新刊書店や古書店が多いのが特徴です。 南口を出てすぐの「Book shoo 書楽」は“街の本屋さん”といった趣の新刊書店。特に漫画コーナーはマニアックなものまで扱っています。深夜12時まで営業しているのも便利です。 同じく南口側、パールセンター商店街の中ほどにある「子どもの本や」は絵本や子供向けの書籍を集めたかわいらしい本屋さんです。児童書の名作は大人にとっても魅力的なもの。子どもがいなくてもつい立ち寄ってしまう癒しの空間です。 ところで文士村にちなんだ「阿佐谷文士カレー」なるものが街おこしで作られており、「杉並区役所」の1階にある喫茶店でを味わえます。インクを模したイカスミ入りの真っ黒なルーは一見の価値ありです。

「Book shoo 書楽」
「Book shoo 書楽」

大人も癒される場所

「子どもの本や」
「子どもの本や」


「阿佐ヶ谷」駅周辺には小劇場が5軒ほどあり、演劇界では下北沢に次ぐメッカとして親しまれています。 「阿佐ヶ谷ラピュタ」は、天空の城ラピュタを想起させる個性的な外観のミニシアターです。オーナーが子供の頃から映画館を作りたいと温めてきた思いを現実にした場所で、昭和初期から中期などにかけての芸術性の高い邦画やアニメを中心に上映しています。 同じく「阿佐ヶ谷ラピュタ」の地下にある小劇場「ザムザ阿佐谷」では、演劇・ダンス・音楽などの公演も行われています。

映画館「阿佐ヶ谷ラピュタ」

「阿佐ヶ谷ラピュタ」
「阿佐ヶ谷ラピュタ」

1階はラウンジ、地下は小劇場「ザムザ阿佐谷」

「ラピュタ阿佐ヶ谷」
「ラピュタ阿佐ヶ谷」


阿佐ヶ谷の商店街は、いろいろなジャンルの音楽を聞かせるロックバーやジャズバーが数多く集まる場所。阿佐ヶ谷といえばジャズのイメージが強いかもしれませんが、クラシックからロック・パンク・民族音楽まで幅広く根付いています。 駅北側のディープな雰囲気の「阿佐ヶ谷スターロード」には、「BAR ROCK INDIA」「MANHATTAN」「よるのひるね」といった音楽系のバーやレストランが軒を連ねています。 スターロードとは中杉通りを隔てて阪大側にある「一番街」も個性的な商店街で、こちらは「インド・ネパール料理 KUMARI」「タイ&ラオス料理 サバイディー」ハワイアン料理「YO-HO’s cafe Lanai」など世界中の料理が楽しめるお店がいっぱいあります。

阿佐ヶ谷スターロード

「阿佐ヶ谷スターロード」
「阿佐ヶ谷スターロード」

サトーブリアンにごうもある「一番街

「一番街」
「一番街」


阿佐ヶ谷駅直結の「ビーンズ阿佐ヶ谷」は高架下をリノベーションしたおしゃれなショッピングモールです。「ビンーズくるく」「ビーンズぷらす」「ビーンズてくて」から構成され、好奇心を刺激する様々なコンセプトショップやレストランが入っています。 「ビンーズくるく」2階には「音楽のある生活 By SHINSEIDO」は、魅力的な音楽と映像をベースにした地域に根ざした生活提案ショップ。ハンドメイド雑貨も取り揃え、音楽の流れるステキな生活を提案してくれます。「ビーンズてくて」内にあるオレンジページが初めてオープンする料理教室「コトラボ」も、これから料理を始めたい人からもっと料理を極めたい人までが楽しめる魅力的なスポットです。

日々の暮らしにに音楽を♪

「音楽のある生活 By SHINSEIDO」
「音楽のある生活 By SHINSEIDO」

おしゃれなクッキングツールの販売も♪

「コトラボ」
「コトラボ」


阿佐ヶ谷駅北口には日常生活に欠かせない大型食品系スーパーが揃っています。「西友 阿佐ヶ谷店」は生鮮食品や日用品のほか、化粧品やファッションも扱う6階建ての大型スーパーです。「西友 阿佐ヶ谷店」の向かいにある「イトーヨーカドー食品館阿佐谷店」もデイリーユーズに便利な食品スーパーマーケット。このほか、「ミニピアゴ 阿佐ヶ谷南1丁目店」や「アコレ 阿佐谷南2丁目店」など日常の買い物にちょうど良い小型スーパーも周辺に揃っています。

新鮮な食材が揃う!

「西友 阿佐ヶ谷店」
「西友 阿佐ヶ谷店」

日々のお買い物の味方

「イトーヨーカドー食品館 阿佐谷店 」
「イトーヨーカドー食品館 阿佐谷店 」


パールセンター商店街にある「zakka土の記憶」は、素材の質感を大切にしたシンプルな作家ものの和食器や雑貨を扱うお店。陶磁器、ガラス器、木工品、漆器、アクセサリー、革製品などが並ぶギャラリーのような空間で、落ち着きたいときには是非足を運んでほしい場所です。 個性的で面白い雑貨屋さんとしては、駅北口の商店街のはずれにある「トイバーガー」がおすすめ。ハンバーガーグッズをメインとしたアメリカン雑貨&おもちゃがあり、POP好きにはたまらない立ち寄りスポットです。

アートな空間 

「zakka土の記憶」
「zakka土の記憶」

アメリカ雑貨がいっぱい 

「トイバーガー」
「トイバーガー」


エクササイズなどで身体を思いきり動かしたい気分の時には駅北側にある大手のスポーツクラブ「トーアセントラルフィットネスクラブ阿佐谷」が便利です。ヨガ・ピラティス・岩盤浴などが楽しめる「モデノ阿佐ヶ谷」もオススメ。より芸術的な趣味を楽しむのであれば、「阿佐谷バイオリン教室」や「保志克巳バレエ・アート」などで習い事を始めてみるのも面白そうです。

「トーアセントラルフィットネスクラブ阿佐谷」
「トーアセントラルフィットネスクラブ阿佐谷」

駅北口バスロータリー目の前

「モデノ阿佐ヶ谷」
「モデノ阿佐ヶ谷」


“たまには優雅に&贅沢に食事を楽しむなら、かの有名な焼肉店「SATOブリアン」は外せません。6月初めにして7月の席があと少しという人気店で予約も4名以上からとハードルは高いのですが、極上の和牛が堪能できるのなら頑張ってみようという気になります。 フレンチ好きなら「SATOブリアン」からすぐそばの路地裏にあるパリの星付きレストラン「La Maison Courtine(クルティーヌ)」やラピュタ阿佐ヶ谷ビルに入る「山猫軒」も王道のセレクションです。

名物「ブリ飯」も外せない

「SATOブリアン」
「SATOブリアン」

「La Maison Courtine(クルティーヌ)」
「La Maison Courtine(クルティーヌ)」


ひとりでゆったりとアフタヌーンティーをを楽しみたいならイギリス人オーナーが営む「マグノリアカフェ」がおすすめ。スコーン、クッキーなどイギリスの伝統菓子が味わえるこじんまりとしたカフェです。 中杉通りのけやき並木から西側の路地裏に入っていくと、地元に根差した喫茶店や洋菓子店などが多数あります。こじんまりとした洋菓子店「サンセット クッキーズ ジャスミン」やディナーも楽しめる「カフェキッチン ラボム」、隠れ家的雰囲気のブラッスリー「メゾン ドゥ カフェラカム」など、散歩がてら巡ってみるのも楽しそうです。

オシャレなカフェでゆったり

「マグノリアカフェ」
「マグノリアカフェ」

ほっと一息

「カフェキッチン ラボム」
「カフェキッチン ラボム」


文学、音楽、演劇など阿佐ヶ谷文化を代表する個性的なスポットから、おしゃれなカフェや雑貨屋さん、珠玉のレストランなどあらゆるジャンルのお店が集結する街「阿佐ヶ谷」。昼夜問わず人々が溢れ、一度訪れると虜になってしまう不思議な魅力があります。ひとたびこの街に暮らしたならば、多彩な趣味を楽しみ、日々美味しいものに舌鼓を打つ生活が日常となることは間違いありません。

マグノリアカフェのスコーンとレモンケーキ

「マグノリアカフェ」
「マグノリアカフェ」

オーダーメイドジュエリー「STONE SPIKE」

「STONE SPIKE」
「STONE SPIKE」


発見ポイント!

SATOブリアン
SATOブリアン

  • (1)文学、音楽、演劇など阿佐ヶ谷文化を代表するスポットがたくさん!
  • (2)食通をうならせる珠玉のグルメスポットが集結!
  • (3)趣味や日常の買い物に便利な商業施設も揃う便利な街!