世界の現状を探り、未来を考える科学館

日本科学未来館

日本科学未来館
日本科学未来館

「科学がわかる 世界がかわる」というスローガンを掲げている「日本科学未来館」。館長を務めるのは、日本人宇宙飛行士の毛利衛氏。先端科学技術に自分自身で触れ、楽しむことのできる常設展示や企画展のほか、実験教室やトークイベントなど多彩なメニューを用意。
1階から7階までが吹き抜けになった開放的な館内では、「世界をさぐる」「未来をつくる」そして、それらを包括する「つながり」をテーマとして常設展示を行っている。

Geo-Cosmos
Geo-Cosmos

約1,000万画素を超える超高解像度を誇る世界初の球体ディスプレイ「Geo-Cosmos」は「日本科学未来館」のシンボル展示。気象衛星で1時間ごとに送信するデータに基づいた今の地球の姿を再現しています。
ドリームシアターガイアでは、全天周を覆うスクリーンで私たちが見慣れた日常の空間と、壮大なスケールの宇宙をつないでいく作品などが鑑賞できる(別途料金が必要)。

日本科学未来館
所在地:東京都江東区青海2-3-6 
電話番号:03-3570-9151(代表)
営業時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:火曜日(祝日の場合は開館)、年末年始(12月28日~1月1日)
http://www.miraikan.jst.go.jp/

詳細地図