都内直通の利便性&充実の子育て環境 ファミリーにやさしい青戸ライフ

イメージ画像
イメージ画像

都営浅草線直通で都心へのアクセスも便利な青戸エリア。周辺には子育て世代にうれしい保育園などの教育施設や公園、文化施設などが整っています。そんな街で家族暮らしを楽しむあるファミリーの平日のワンシーンをご紹介します。

時計

7:00

みんなで揃って朝食

イメージ画像
イメージ画像

たっぷりのサラダとトーストで朝食タイム。夫はコーヒーの担当。目覚めの一杯をのんで支度を整え中。

時計

8:30

夫、出勤

青砥駅
青砥駅

最寄りの「青砥」駅から、勤務先の「日本橋」駅まで都営浅草線直通の京成押上線で18分ほど。乗り換えもなく、通勤の負担が少なくて助かっている。

時計

8:40

子どもを保育園へお見送り

青戸福祉保育園
青戸福祉保育園

夫を見送った後は、子どもを団地内の「青戸福祉保育園」までお見送り。徒歩圏内には、「太陽の子青戸中央保育園」や「中青戸保育園」など子育て施設が充実。通学の小・中学校も近くにあって、将来的にも安心。

時計

12:00

友人とコンサートへ

かつしかシンフォニーヒルズ
かつしかシンフォニーヒルズ

家事を済ませたら「かつしかシンフォニーヒルズ」へお出かけ。レストランで友達と食事し、コンサート鑑賞。ご近所に文化施設があるのはうれしいポイント。近隣には、「葛飾区郷土と天文の博物館」「葛飾区総合スポーツセンタープール」などもあって、休日に家族そろって出かけることも多い。

時計

15:00

夕飯の買い出し

グルメシティ青戸
グルメシティ青戸

友人と別れて「グルメシティ青戸店」で夕食のお買い物。朝7時~深夜0時までと長く営業していて便利。「青砥」駅にも「ユアエルム青戸」があったり、生活施設も充実している。

時計

16:00

公園で寄り道して帰宅

青戸第一団地公園
青戸第一団地公園

自然食品店「夢赤ちゃん」にも寄り道。子どもが生まれてからは食品にも気を遣うようになったので重宝している。その後、子どもを迎えに行って、団地内の公園で少し遊んでから帰宅。夕食の準備にとりかかる。

時計

19:00

夫の帰宅を待って夕飯に

イメージ画像
イメージ画像

通勤が楽になったおかげで早く帰ってくることが増え、家族そろって夕食をとれる機会も増えた。夫は、リフレッシュがてら「セントラルフィットネスクラブ青砥」に寄ってから帰宅することも。

<一言>

文化施設が充実していたり、公園や保育園・幼稚園なども充実。子育てに安心の環境が整っていて、永い目で見ても暮らしやすい環境だと感じています。最寄りの「青砥」駅からは、都心部へのアクセスだけでなく、羽田空港や成田空港へのアクセスも40分強とスムーズで、出張の多い夫はずいぶん楽になったよう。旅行の際も便利で助かっています!