下町の賑わいと情緒ある佇まいに恵まれた水辺の街、葛飾区青戸

葛飾区青戸は京成本線と京成押上線が乗り入れる「青砥」駅周辺に広がるエリアだ。「青砥」駅周辺には人情味あふれる商店街のほか、スーパーマーケットも充実。歴史を感じられるスポットや中川の水辺など自然に親しめる場所も多く、潤いのある暮らしを楽しめる街だ。

古くから人々が集う周辺地域の中心地

「葛西城址公園・御殿山公園」
「葛西城址公園・御殿山公園」

青戸周辺は古くから人々の暮らしが営まれてきたエリアだ。現在の環七通り沿いにある「葛西城址」からは大量の土器類が見つかっており、平安時代以前から人々が集う周辺地域の中心地として栄えていたことがうかがえる。「葛西城址」は一部が「葛西城址公園・御殿山公園」として整備され、この地の歴史を感じることができる。

エリア周辺では第二次世界大戦後まで農業が盛んで、「青砥」駅付近にも農地が広がっていたという。高度成長期を迎えると、東京都内の人口増加に伴いベッドタウンとして発展。1986(昭和61)年10月には京成本線と京成押上線の高架化工事が完成。同年には環七通りも開通し、交通の利便性に恵まれた住宅地として人気を博した。

京成本線、京成押上線の2路線利用可能

利用できる電車の本数が多くて便利な「青砥」駅
利用できる電車の本数が多くて便利な「青砥」駅

交通の利便性は今も青戸の大きな魅力だ。「青砥」駅は京成本線、京成押上線が集まり、「スカイライナー」以外のすべての電車が停車する主要駅だ。東京都心方面には都営地下鉄浅草線直通の京成押上線のほか、京成本線で「日暮里」駅に向かい、JR山手線やJR京浜東北線に乗り換える2ルートが利用できる。

「成田空港」には成田スカイアクセス線経由のアクセス特急と京成本線経由の特急が走るほか、「羽田空港」にも京成押上線、都営地下鉄浅草線を経由して京急線に直通する電車があり、どちらの空港にもダイレクトアクセス可能だ。

エリアを貫く環七通りには「東京ディズニーリゾート」や「葛西臨海公園」と「亀有」駅を結ぶ環七シャトルバス(シャトル☆セブン)や、「新小岩」駅や「亀有」駅行きのバスがあり、JR常磐線方面やベイエリアなどに向かう場合はバスを利用するとスムーズだろう。

スーパーマーケットから商店街まで多彩なショッピング施設が集まる

朝7時から夜0時まで営業している「グルメシティ 青戸店」
朝7時から夜0時まで営業している「グルメシティ 青戸店」

暮らしの場として欠かせないショッピング施設にも恵まれている。「青砥」駅周辺には「ユアエルム 青戸店」や、「グルメシティ 青戸店」、「ヨークマート 青戸店」などのスーパーマーケットが揃い、気分や品ぞろえによって買い物先を選ぶことができる。

趣のある「青戸サンロード商店会」など商店街もある
趣のある「青戸サンロード商店会」など商店街もある

エリア周辺には「青戸ミナミ通り商店会」や「青戸サンロード商店会」など趣のある商店街が広がる。これらの商店街では「春まつり」や「中元・歳末福引大売出し」などイベントが多く、散策がてら買い物するのも楽しい。

少し足を伸ばせば「アリオ亀有」など大型ショッピング施設もあり、多彩な買い物ニーズを満たしてくれそうだ。

「葛飾区役所」などの公共施設が集まる

「葛飾区役所」など公共施設が近いのもうれしい
「葛飾区役所」など公共施設が近いのもうれしい

「葛飾区役所」は青戸の西に隣接する立石にあり、証明書の交付や手続きなどが必要になっても短時間で済ませることが可能。「葛飾区立青戸地区図書館」や「かつしかシンフォニーヒルズ」など公共施設も多く、読書や芸術鑑賞も気軽に楽しめる。さらに、エリアの南、中川の対岸には、陸上競技場やテニスコート、温水プールなどを備えた「葛飾区総合スポーツセンター」もある。

教育・子育て施設が集中し利用しやすい

「青砥」駅にもほど近い「葛飾区立中青戸小学校」
「青砥」駅にもほど近い「葛飾区立中青戸小学校」

子育ての場としても魅力が多い。エリア周辺には「青戸もも保育園」、「青鳩幼稚園」などの保育施設が近く、送り迎えの負担が小さくて済む。小・中学校も「葛飾区立中青戸小学校」、「葛飾区立青戸中学校」が近く、短時間で通学可能だ。

子育てファミリーにうれしい施設が集まる「健康プラザかつしか」
子育てファミリーにうれしい施設が集まる「健康プラザかつしか」

「健康プラザかつしか」内には、子育て相談に対応してくれる「葛飾区子ども総合センター」、子どもの遊び場として人気の「子育てひろば いろは」、親子でランチやカフェ楽しめる「親子カフェ アリス」などがあり、さまざまなサービスを利用できることもうれしい。

葛飾区の中心にあり、都心直結の交通アクセス、恵まれたショッピング施設や教育・子育て施設が揃う葛飾区青戸。この街では快適な暮らしを楽しめるだろう。

あわせて読みたい。関連ページ